\ 自分が成長するために、時間を使ってほしい! /

義務教育を経て高校生になると、ある時、突然、自分の進路や将来の仕事に向き合うことを迫られます。

私自身、教員として、進路選択に戸惑う生徒達の悩みに数多く触れてきました。彼らの戸惑いの背景には、様々な経験や仕事に対する知識の乏しさがあると感じます。

私は、かけがえのない思春期や青年期を、将来への準備期間として、様々な経験をしながら有意義に過ごしてほしいと考えています!

 

▼ 保護者のみなさまへ ▼

成長過程にある子ども達にとって、私達大人の役割について、私は、子ども達(彼ら)に、学びの機会や気づきのきっかけをできるだけたくさん作り、本人が持っている力を最大限に引き出すことだと考えています。

彼らは、きっかけがあれば、やりたいことに向けて積極的に行動します(しかも、とても楽しそうに!)。さらに、自分の努力を見守り、成長を一緒に振り返る存在がいれば、自信を持って可能性を広げていくことができるのです。

「生き方と未来を考える学び舎」は、お子様が、社会の中で活躍し 、楽しく生きる人生を過ごすことを全力で、応援・サポートいたします。自身の<生き方>や<未来>を考えながら、自分らしい生き方を確立していくために、お子様の可能性を信じ、私たちと一緒に一歩踏み出してみませんか?

 

生き方と未来を考える学び舎
代表  津久井 達也

 

 

▼さらに詳しく知りたい方は、ここをクリック!

ホームルーム通信